タイ日本人スタッフ必見|製造現場におけるスマートウォッチの使い方を徹底解説

25-Sep-2022  25-Sep-2022

結論

スマートウォッチを活用することで、
・ダウンタイム削減・稼働率向上の実現ができる
・作業指示、人の動きを最適化できる
・作業にかかる時間を可視化することができる

製造現場において、デジタル化・DX化の機運は高まっているのではないでしょうか? 昨今、スマートウォッチ(Smart Watch)に代表されるような、ウェアラブルデバイスを活用したソリューションが増えてきています。

しかしながら、多くの企業様では、必要性を感じていても、「何からすればいいのかわからない」「自社の現場に何が合うのかがわからない」などの悩みから、デジタル化・DX化に踏み出せない企業様は多いのではないのでしょうか?

特に東南アジアの海外拠点となると、ITに精通した人材が少なく、社内に知見が少ないため、尚更のことであると理解しております。

本記事では、タイを始めとした海外拠点で活躍する日本人へお送りしております。の現場における、スマートウォッチ(Smart Watch)をしたソリューション案を、ご紹介します。

    ウェアラブルデバイス・スマートウォッチとは?

ウェアラブルデバイスとは、手首や腕、頭などに装着するコンピューターデバイスです。

腕につける時計型のスマートウォッチをはじめ、メガネ型、リストバンド型に分類をすることができます。

メモリ、ハードディスクなど、デバイスを構成する部品が小型化されたことが、ウエアラブルデバイスの背景にあります。

ウエアラブルデバイスを代表する、スマートウォッチについて、一定の大きさを持った表示画面を搭載することで、様々な操作や情報の表示を可能としている点が特徴があります。

そのため、両手を使用することなく、情報を得る、または発信をすることができるのが、スマートウォッチの強みとなります。

    スマートウォッチでできること

スマートウォッチは、体に装着をすることで、スマートフォンなどを取り出すことなく、簡単に情報を得ることができます。時計の文字盤部分にタッチディスプレイを搭載したタイプは、通話やメール、SNSなどの通知や返信ができるほか、スマートフォンと連携させることでさまざまなアプリを使用することができます。
主な利用方法は、次の通りです。

健康管理

歩数計、消費カロリー計、移動距離記録などで運動データを計測したり、心拍計、睡眠計で健康管理をサポートしたりできます。
.

通知機能

着信やメール、SNSで受信したメッセージを通知表示できるのはもちろん、返信機能を備えたモデルもあります
.

電子マネー決済

アプリをインストールすれば、電子マネーの決済が可能なモデルもあります。モバイルSuica対応モデルであれば、時計をかざすだけで交通運賃を支払い、改札を通過することもできます。
.

音楽再生

音楽をストリーミング再生できるモデルのほか、端末本体に音楽を保存・再生できるタイプもあります。
.

写真撮影

スマートウォッチ・ウェアラブル端末には、カメラ内蔵タイプのほか、スマートフォンのカメラを遠隔操作できる機能を備えたモデルがあります。
.

音声操作・
音声アシスタント

音声アシスタント対応モデルでは、話しかけることで端末を操作することができます。なかには音声入力でメモを取ることができる製品もあります。
.

命を救う機能

スマートウォッチには、着用者の転倒を検知して、必要に応じて緊急通報サービスに連絡する「転倒検出機能」や、海外での万一の事態に備える「国際緊急通報機能」、現在地を正確に判断できる「GPS機能」「電子コンパス」など、機能を備えたモデルもあります。

    製造現場での活用方法

スマートウォッチ(Smart Watch)は、体に身に着けることで、情報を得る、または発信をすることができるのが特徴です。
この特徴を生かすことで、製造現場では、主に「呼び出し」に活用をすることができます。
また各作業における時間を記録・まは分析をすることができるので、「作業分析」に活用することが可能です。
 
この2つの特徴を生かすことで、製造現場の以下のような課題を解決できます。

    現場の課題と解決案

    ソリューション案

スマートウォッチのソリューションについて、弊社TOMAS TECH CO.,LTD.の スマートウォッチソリューションをご紹介します。
サーバーアプリケーションと、スマートウォッチデバイスを連携することで、現場から、作業者などの「呼び出しシステム」としての活用できます。またフォークリフトなどのドライバーがスマートウォッチを着用することで、運搬業務の指示出しをすることができます。呼び出し操作はタッチディスプレイを使用するので、呼び出し先の変更対応などフレキシブルに対応することができます。呼び出し用の端末は、タブレット、スマートフォン、スマートウォッチなど様々なデバイスを使用できます。

    ソリューション① 作業員呼び出し

スマートウォッチでワーカーの呼び出しが可能となります。
設備からエラー信号と、エラー内容を取得して、エラー内容に応じて、必要なチーム、グループに呼び出し信号を発信することができます。
エラーによって、呼び出すグループの設定、グループメンバー変更は自由に設定をすることが可能です。

    ソリューション② フォークリフト呼び出し

スマートウォッチでフォークリフトの呼び出しが可能となります。

タブレットなどのデバイス機器から呼び出しの指示を出します。スマートウォッチは呼び出し信号を受信後、フォークリフトの運転手に通達をします。呼び出し内容に応じて、必要なチーム、グループに呼び出し信号を発信することができます。

搬送物の運搬先、呼び出すグループの設定、グループメンバー変更は自由に設定をすることが可能です。

    ソリューション③ 作業記録・分析

スマートウォッチで作業員の呼び出し、フォークリフトの呼び出しを実現することで、作業記録、および分析をすることができます。
記録できる項目としては、呼び出し時間、呼び出し応答時間、作業開始時間、作業終了時間、作業担当者、作業内容、依頼者、依頼内容です。
スマートウォッチ活用時に、これらの情報を記録することで、ユーザーは作業にかかる時間の管理、および作業内容の把握をすることができます。

    まとめ:製造現場におけるスマートウォッチ活用

製造現場におけるスマートウォッチの活用方法は多岐にわたります。

製造業、物流業の「人」にまつわる工程において、活用することが可能です。

スマートウォッチは、スマートフォン、タブレットなどと異なり、両手が空いた状態で作業をすることができます。これにより、作業者は通常業務を行いながら、連絡を受けたり、情報を発信することができます。

今までアナログで、ブラックボックス化していた、現場の状況を、スマートウォッチを活用することで、可視化をすることができます。

またデータ化することにより、作業スピードの改善、事前の対策など、改善に使えるデータを収集することが可能となります。

スマートウォッチは、1台から使用することが可能です。

ミニマム投資で効果を実感しながら、拡大できるため、製造現場のDX第一歩としては、最適なソリューションです。

Pegasusスマートウォッチソリュ
ーション
.

厳選導入事例集をご希望の方、
フォーム送信完了後、PDFファイル
ダウンロードリンクをお送りします。

_必須_    _貴社名

_必須_    _部署名

_必須_    _御名前

_必須_    _御住所

_必須_    _電話番号

_必須_    _E-mail

_必須_    _お問合せ項目

    商談のご相談資料請求に関するお問い合わせデモンストレーションに関するお問い合わせその他